山本麻琴と兄弟弟子の太鼓・鳴物ユニット 雙龍 SORYUのブログ


by taikosoryu

七海 NAMI プロフィール

七海 Nami
c0140683_2234762.jpg



■DATA

・兵庫県うまれ
・太鼓 笛 唄 チャッパや木しょう・銅鑼などの鳴物

■PROFILE

日本の楽器や郷土芸能に興味を持ち、10代で日本全国を行脚。
山本幹夫氏に和太鼓を師事した後、公演メンバーとして国内外で演奏活動を始める。

2005年より三味線、唄、二胡、笛、箏、中国琵琶などの女性奏者らと共に演奏活動を始める。
善通寺1200年祭(06・香川/早坂暁演出)、矢吹町あゆり祭開会式(06・福島)などに
出演。


詳しいプロフィールは、七海ブログ http://taikonami.exblog.jpでご覧下さい。

■そう龍以外の演奏活動など

・日中音楽グループ「ジャスミン」
・女性和楽器グループ「華弁天」
・太鼓を中心とした郷土芸能などの調査・研究・執筆活動

■七海ソロ活動
c0140683_2374173.jpg

太鼓と唄を組み合わせたスタイルを追求中。作詞作曲した作品を、ジャスミンなど所属しているグループを中心に発表。また、現在は、幼い頃から関わってきた兵庫県三木市の芸能の太鼓唄への取り組みを始めている。

photo by 平松俊之 Toshiyuki Hiramatsu
[PR]
# by taikosoryu | 2007-10-26 23:21 | メンバープロフィール
山本 麻琴 Makoto Yamamoto
c0140683_2123175.jpg



■DATA

・長野県うまれ
・太鼓 法螺貝 獅子舞 チャッパや木しょう・銅鑼などの鳴物

■PROFILE

1981年3月28日生、長野県出身。諏訪大社(長野県)の太々神楽の伝承である「御諏訪太鼓」を伝承する家に生まれ、祖父・御諏訪太鼓宗家・故 小口大八、父・御諏訪太鼓楽園園長・故 山本幹夫、母ともに太鼓演奏家という環境で2歳半より太鼓を始める。小口大八師、山本幹夫師の両師について太鼓を学び、芸能を伝承し、御諏訪太鼓子供会打頭、会長を歴任。現在も例年、元旦とお舟祭りには、諏訪大社太鼓奉納を続ける。2000年に父・幹夫について山本流・日本太鼓塾の創立に参加。流派を越えた日本太鼓の打法を追求し、拠点を長野に加えて東京・神奈川にも置く。現在は、御諏訪太鼓の伝承者としての演奏活動に加え、日本太鼓塾塾長として首都圏の各種学校での太鼓指導、東京都公開講座の講師をつとめる。


NHK大河ドラマ「信長」
角川映画「天と地と」
NHK BS2 「うたのなる木」
国立劇場「日本の太鼓」
アメリカ横断公演(ポートランドからニューヨークまで一ケ月公演)
インドネシア・フランス・オーストラリアほか多数



■山本麻琴ソロ活動
f0140184_2154927.jpg

「阿修羅」(小口大八作曲)は、1人で5個の太鼓を操る約20分の大曲。
この作品をメインにソロでの演奏活動を行い、喜多郎(シンセサイザー奏者)、チ・ブルグット(馬頭琴奏者)、エリアサル・ジャネス(ドラマー)、大由鬼山(尺八奏者)、皆川厚一(ガムラン演奏家)、月岡祐紀子(ごぜ唄・三味線)、小林敬広(タップダンサー)、小濱明人(尺八奏者)らと共演。鼓曲・阿修羅にストーリー性を盛り込み、様々なジャンルのアーティストを交えての編曲・再構成する独自の表現方法も発表している。

photo by 平松俊之 Toshiyuki Hiramatsu
[PR]
# by taikosoryu | 2007-10-26 23:20 | 山本麻琴プロフィール

雙龍 SORYU とは

日本の太鼓と鳴物のユニット

日本の太鼓や法螺貝、木しょう、当り鉦、チャッパ、銅鑼、拍子木など
さまざまな鳴物を用いた音楽、舞台づくりを行う。
独自の演奏活動のほか、朗読や語り物の音付け、
箏、三味線、琵琶、尺八、篠笛、能管など日本の楽器や
二胡、中国琵琶など中国の楽器との共演などを行う。

十数年間、故・山本幹夫率いるグループで活動してきた山本麻琴を中心に、山本幹夫の弟子で舞台づくりを行う。結成ライブでは、中心メンバーとして活動した七海が舞台に立つ。その後、さまざまに編成を変え活動中。2007年夏に結成。

山本麻琴  男性太鼓打師 
c0140683_350423.jpg


諏訪大社の太鼓を背景に持ち、祖父、父母ともに太鼓打ちという環境で
生まれ育ち、幼いころから世界中での公演活動を行う。


メンバー紹介(山本麻琴以外のメンバーは、山本幹夫の弟子となり、公演内容によって変わります)
七   海  女性太鼓奏者
c0140683_3512858.jpg
 

10代で日本全国を行脚し、さまざまな芸能をたずねて歩いたのちに
太鼓の道にすすむ。多くの女性奏者らと演奏活動を行う。

photo by 平松俊之
[PR]
# by taikosoryu | 2007-10-26 22:53 | 雙龍 SORYU
青蓮華音劇企画1.0 
和楽器で綴る雨月物語

雨月物語のなかの3つのお話を題材に、語りと音楽、そして映像で綴る試み。
青蓮華は「うとぱら」と読み、メンバーは琵琶の大上茜さんと、笛・能管のあかる潤さん
c0140683_4355690.jpg

c0140683_4362136.jpg

そう龍では、太鼓をメインに使った通常の演奏もしますが、この企画では鳴物をメインに音付けをしました。まずは原作を読み込むところから。青蓮華のお2人を中心に、どのような構成で仕上げていくのかを話し合います。そのあと、台本が完成!次は、台本に沿って音を入れる作業。そして、映像と合わせて見ます。その制作風景です。
c0140683_440549.jpg

c0140683_4402931.jpg
c0140683_4404114.jpg
c0140683_440571.jpg

[PR]
# by taikosoryu | 2007-08-31 04:42 | ライブレポート