山本麻琴と兄弟弟子の太鼓・鳴物ユニット 雙龍 SORYUのブログ


by taikosoryu

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

本日16日(土)~18日(月)の3日間、岩手・宮城・福島の3県を巡り御諏訪太鼓を届けに行ってまいります。


16日(土)
岩手 山田町八幡(御倉山公園) 14時30分~

・復興祭が行われる中で鎮魂と励ましの御諏訪太鼓演奏・
・八幡神社に太鼓を寄贈・

17日(日)
岩手 陸前高田(ドライビンクスクール上) 9時~

・東北や九州の太鼓チームによるイベント『負ゲダクネェ』激励・
・必要としているチームに太鼓を寄贈・

宮城 塩釜(七ヶ浜役場そば・仮設住宅地) 14時30分~

・被災地で頑張っている皆さんに鎮魂と励ましの御諏訪太鼓演奏・
・必要としている方に太鼓を寄贈・

宮城 仙台(青葉神社) 16時30分~
・御諏訪太鼓奉納・

18日(月)
福島県 いわき市(薄磯海岸) 9時~
・沢山の尊い命が失われた海岸にて、鎮魂の祈りを込めた御諏訪太鼓・


今回の東北3県を巡り太鼓の音・気・エネルギーを伝えたいと思い始めたのは、5月位からで具体的に話しを詰めれたのは7月に入ってからでした。衣食住に対し直接支援できることではありません。でも、太鼓は古より、日本人の心・魂と言われ我々の生活の中で生き、共に歩んできた楽器であり音です。
私達の左胸にある心臓、これは太鼓なんだと教わって来ました。お母さんのお腹の中で十ヶ月太鼓(鼓動)を聞いて育ち、太鼓(心臓)を1つお母さんに貰って生まれてくる。だから太鼓は本能の音楽なのだと。
即ち、太鼓が心の栄養源となり『やる気』『勇気』『元気』『前向き(気)』といった全ての気が生まれてくる。同時に、失われた尊い命・魂が彷徨いませんよう諏訪大明神に祈りを込めて太鼓を打つことが、私達、御諏訪太鼓を師から伝承して頂いた者の最大限に力を注ぐことが出来る事であり、使命だと考えます。
私以外に二名の打ち手と一名の記録・救護の計四名によって行ってきます!
また、現地に行くことで見えてくる私達がもっと出来ることを見付けてきます!
[PR]
by taikosoryu | 2011-07-16 07:12 | news