山本麻琴と兄弟弟子の太鼓・鳴物ユニット 雙龍 SORYUのブログ


by taikosoryu

カナダツアー&セントルイス公演報告+ベトナム公演情報

またまたご無沙汰してしまいました。

9月26日~10月5日まで『TsuguKaji-KOTO+小濱明人+山本麻琴カナダツアー』、そのままセントルイスへ移動して『セントルイス諏訪太鼓25周年を祝う記念コンサート』に出演して10月11日に帰国してから奈良や東京・・・と忙しくしてたら、ついつい更新しないまま時が過ぎてしまいました。いつもながら申し訳ありません・・・

カナダでは祖父が太鼓を教えた方や、その弟子だったり繋がりのある方が各地で駆けつけて下さいました。バンクーバー・カルガリー・オタワ・トロントと巡り、各地ホールで4公演+領事館で1公演をし、延べ2000人以上のカナダの方々に箏、尺八、太鼓それぞれが奏でる日本の音と、合わさり融合しあった音を聴いてもらいました。
もともと、国際交流基金とカナダ国立文明博物館との共催で、日本の伝統的な楽器による邦楽公演を開催するというのが趣旨で、オタワ公演の様子をカナダ大使館ブログで紹介して頂いてますのでご覧ください!
実は、カナダ大使の石川様は祖父と25年程前にザイールで会っていたそうです。当時、石川様は領事の仕事をしており、祖父は今回の私と同じように国際交流の仕事でザイールや中近東に太鼓演奏に来たそうです。オタワでの演奏後に当時のことをお話してくださり、私の演奏姿が祖父と重なって見えたと仰ってくださいました。世代を越えて御縁を賜れたことに感激と深い感謝をし、また是非カナダへ来ますと堅く握手させて頂きました!


セントルイスでは御諏訪太鼓が伝わって今年で25年目を迎え、節目として記念公演を行いました。そこへ御諏訪太鼓保存会・御諏訪太鼓連合会の面々11名と諏訪市国際交流協会の沖野会長が御祝いに駆けつけました。結成時に祖父が寄贈した10台ほどの太鼓と教えた曲を大事に受け継ぎ、現在20数名が中心となり活動しています。今年に入り、道場を設立してからは子供やビギナークラスを増やし、合わせると50名ほど居るそうです。公演の様子をユーチューブにUPされてるので、よかったら見てみてください。


そして・・・
明後日11月10日からは御諏訪太鼓の演奏&ワークショップの依頼がありベトナムへ行ってきます!

主催:ベトナム外務省・文化スポーツ観光省・タイグエン省
協力:在ベトナム日本大使館・国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
企画趣旨:ベトナム外務省・文化スポーツ観光省・タイグエン省による第一回ベトナム国際お茶フェスティバルにおいて、野外ステージで日本の公演団体によるパフォーマンスを紹介する。
日程:11月13日
客席見込み:3000席 フェスティバル参加者は20000人を想定
会場:タイグエン省(ハノイから車で北に約2時間)

ベトナムへ行くのは初めてなので、とっても楽しみです!
日本との友好関係が近年非常に深まっているとのことで、今回の依頼背景にはより一層の交流を深めていきたいという意味が含められていると思います。ベトナムでは和太鼓を一度も聞いたことの無い方が多いそうなので、御諏訪太鼓を聴いて是非大好きになって貰いたいです。そして、日本へ行ってみたいという意欲にも繋がればと幸いです。
今回はワークショップを『ベトナム軍隊芸術大学』と『ヴィエット・バック文化芸術大学』の二カ所で依頼されていることもあり、ベトナム諏訪太鼓を結成して欲しいという願いも込めて桶胴太鼓を寄贈してきます。滞在4日間で2ワークショップ1公演というタイトスケジュールですが、初ベトナムを肌で感じて新たな仲間をつくってきます!!

フェイスブックやってるのでフレンド要請もじゃんじゃん下さい。
そっちの方がちょくちょく更新してたりします・・・

ではまた。。
[PR]
by taikosoryu | 2011-11-08 22:37 | news