山本麻琴と兄弟弟子の太鼓・鳴物ユニット 雙龍 SORYUのブログ


by taikosoryu

夏が始まりました!


8月1日『お舟祭り』の太鼓奉納を無事打ち納めてきました。

今年は、御諏訪太鼓、御諏訪太鼓三愛会、日本太鼓塾、御諏訪太鼓松本教室の面々、総勢20人以上で奉納太鼓を打つことが出来、少しずつでも輪が広がってることを実感しています。

過去を思いかえすと、1人や2人で奉納をした年もありました。


『お前が太鼓を打ち続けるのなら、お前が太鼓を打てることの原点である諏訪大社様へ感謝をし続け、太鼓奉納は絶対に欠かしてはならない。』

父であり師である山本先生の言葉。

それを胸に、そして私が今教えている皆にも奉納の大切さを伝えました。

神へ太鼓を捧げ、神の御神徳と御加護をいただく。

日本人が当然の如くしてきたことが、風習や生活の変化とともに薄れ、消えていく現代。

この先、もっともっと無くなってしまうと…

日本人は日本人の皮をかぶったナニ人になってしまうのだろうか?

日本人だからこそ出来ること、日本人じゃなきゃ出来ないこと、恥じることなく誇りを持って守っていきたいですね!


でもって、これから四日市祭りに参加してきます!

祭りのハシゴで~す。笑
[PR]
by taikosoryu | 2010-08-01 17:30 | news